☆三重初開催☆ 三重 宇佐川研 開催のご案内

【☆三重初開催☆ 三重 宇佐川研 開催のご案内】

『三重宇佐川研 お申込みはこちらから』
 www.kokuchpro.com/event/mie_usaken1/

三重 宇佐川研では、

①「発達臨床的子供理解」
②「基礎感覚の理解~触覚編~」「触覚防衛のメカニズムからの改善アプローチ」
③「理論を実践につなぐケーススタディ」

この3つの柱をお伝えしていきます。

①「発達臨床的子ども理解」では、「感覚と運動の高次化理論」による、発達につまずきのある子の読み取り方、
読みとるための視点づくりを行います。

つまずきのある子の読み取りには、読みとるための視点をもっていないと、同じ映像を何百回見たとしても必要な情報を何も読み取れません。

適切な支援を行うためには、発達を意味づける力が必要です。三重宇佐川研では、この読み取りから発達的意味付けまでを、具体的な事例を
用いながら詳しく何度も解説していきます。

②「基礎感覚」の理解なくして、高次化理論は語れません。そして、高次化理論を使いこなすこともできません。
感覚のメカニズムからの理解を行うことで、ハウツーではなく、エビデンスに基づく仮説立てをした実践を行っていけるのです。

触覚防衛を改善できなくては、発達支援をしているとは言えません。子どもたちの本当の生き辛さを理解し、本当の支援をするためには、
触覚について実践レベルでの理解が不可欠です。

宇佐川研では、脳機能に基づく理解から実践をお伝えして参ります。

③「ケーススタディ」では、学んだ理論や知識をいかに実践の場で使いこなすかをバーチャル体験を通して身につけていきます。

いくら、知識を学ぼうとも、目の前の子どもたちに当てはめて、読み取り、仮設を立て実践できなければ絵に描いた餅で終わります。
実践力にこだわる宇佐川研の、28年間ケーススタディにこだわり続けている本気さを体感してください。

いかに実践力を高めるか、現場で結果を出すかにこだわっている研究会です。

ハウツーを求め、他人任せな方には向かない研究会です。本気で発達支援をしたいとお考えの方には、研究会終了後もフォローアップいたします。

そして、保護者の方こそ、第一の実践家だと宇佐川研は考えています。なぜなら、我が子のことを誰よりも考えているからです。

保護者、教員、セラピスト、どなたでもご参加いただけます。今の知識も技術も問いません。初任者の方でも分かるように、専門的に難しいことを易しくお伝えするように努めています。

本気で支援をしたいと思っている方、ぜひこの機会を生かしてください。

 ご参加された方には、参加者限定の東京宇佐川研の動画をプレゼントいたします。また、ご希望が多ければ、参加者限定グループにてフォローをいたします。

子どもたちの支援は、担当されているあなたしかできません。

眼の前のお子さんを何とか良くしていきたいと本気で思っている方、ぜひお会いしましょう!

『三重宇佐川研 お申込みはこちらから』
www.kokuchpro.com/event/mie_usaken1/

日時:7月29日(日)9:30~16:30
場所:三重県社会福祉会館  所在地 〒514-8552 三重県津市桜橋2丁目131

地図 www.miewel-1.com/

・近鉄、JR「津駅」下車 東口から徒歩約8分

会費:3000円

講師:植竹安彦 (宇佐川研代表、宇佐川研スーパーバイザー、臨床発達心理士)

お会いできるのを楽しみにしております。

宇佐川研 代表
植竹安彦

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理者プロフィール

研究会の代表をしています、臨床発達心理士の植竹です。

宇佐川研(発達障害臨床研究会)は、平成2年より始まり、淑徳大学の故・宇佐川浩教授をスーパーバイザーとしてお招きして始まりました。「感覚と運動の高次化理論」を基に、臨床にこだわって行っている研究会です。

実践研(発達療育実践研究会)は、平成18年より始まり、療育塾ドリームタイムの木村順OTをスーパーバイザーとして始まりました。発達支援を行う際に必要な様々な発達理論を学び、実践を支える知識と技術を高める研究会です。

その、宇佐川研に14年、実践研に12年間学ぶ中で、第28期(平成29年度)より木村会長より代表を引き継ぎました。

ページ上部へ戻る