『引き継ぎの考え方②「主観と客観」』

『引き継ぎの考え方②「主観と客観」』

宇佐川研LINE@に書いた内容ですが、お問い合わせをいただくなど、関心があることがわかりましたので、②回めの内容も掲載したいと思います。

①回めの引き継ぎの考え方について、LINEでご返信をいただきました。

内容として、個人情報なので生育歴を取らない支援学校が増えてきているそうです。

色々な考え方がありますが、生育歴が

「支援情報の宝庫」

ということに、ほとんどの方が知らず、生かして無いからだと思います。

見もしないなら、無くしたら事故を起こす材料と個人情報なら、はじめからもらわなければいいよね。

と、なっているのだと思います。

研究会の会長の木村なら、
「バッカモーン、ホンマに支援する気あるん?

生育歴を見もせん、支援学校なんて、支援学校ちゃうでー」

と、息を切らせてお話されると思います。

 

生育歴からの読み取り方は、宇佐川研のケーススタディでかなり詳しくお伝えしますので、ぜひケーススタディを体験していただきたく思います。

あまりにも生育歴には支援の情報が多くて、解説を始めると、私が息を切らせてしまうほどの量ですから^_^

★さて、本日の引き継ぎ時の考え方ですが、

「主観と客観」

についてお話します。

引き継ぐ時も、引き継がれる時も、その情報は事実なのか?

それとも解釈なのか?を整理しましょう。

主観が入った情報は、経験年数や読み取る力量により、かなりの誤差が出ます。

 

例えば、「数量の理解です」

数唱(1.2.3….と数えること)ができるからといって数量理解があるとは限りません。

聴覚的な記憶で言っているだけなら、歌と変わりません。

しかしながら、

「数を数えられるから、この子、10まで分かってます!」

と引き継ぐと、大きな勘違いでの支援のスタートとなります。

また、数でいうと、指でポインティングして、順序数で足し算していることもあります。

これも、順序数であって、数量理解とは違います。

このように、引き継ぐ人の主観が加わると情報はねじ曲がりますので、客観的に説明や資料作りをしましょう!

もし、主観を入れるなら、必ず、私の考えではなど付け加えましよう^_^
結局は読み取りの力量が問われる引き継ぎですが、ぜひ、力量アップのチャンスとして、頑張りましょう!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【2018年度 宇佐川研 情報】

6月23日(土)『愛知 宇佐川研』

※宇佐川研スーパーバイザーの川上康則先生の講義&ケーススタディ

6月30日(土)7月1日(日)『宇佐川研 神戸2Days』
※宇佐川研会長の木村順、宇佐川研代表 植竹安彦、宇佐川研スーパーバイザーの川上康則が関西で初めて3人そろっての研究会

7月15日(日)☆九州初開催☆『鹿児島 宇佐川研』
鹿児島より熱いオファーを受け、開催いたします。
※申し込みページは順次ご案内しますので、今は手帳にチェックをお願いいたします。

今なら、宇佐川研LINE@に登録されると、木村順OTによる「実践力アップ講座」3時間の動画をご登録プレゼント中です。
宇佐川研LINE@ご登録はこちらから^_^
line.me/R/ti/p/%40okc9106q

宇佐川研ブログはこちらから
usagawaken.com/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理者プロフィール

研究会の代表をしています、臨床発達心理士の植竹です。

宇佐川研(発達障害臨床研究会)は、平成2年より始まり、淑徳大学の故・宇佐川浩教授をスーパーバイザーとしてお招きして始まりました。「感覚と運動の高次化理論」を基に、臨床にこだわって行っている研究会です。

実践研(発達療育実践研究会)は、平成18年より始まり、療育塾ドリームタイムの木村順OTをスーパーバイザーとして始まりました。発達支援を行う際に必要な様々な発達理論を学び、実践を支える知識と技術を高める研究会です。

その、宇佐川研に14年、実践研に12年間学ぶ中で、第28期(平成29年度)より木村会長より代表を引き継ぎました。

ページ上部へ戻る