『引き継ぎの考え方③「発達の全体性と障害特性」』

『引き継ぎの考え方③「発達の全体性と障害特性」』 

 

4月は新しいお子さんとの出会いの時期です。

 

先週は、きっと入学式を終えられたあたりではないでしょうか?

 

もう、指導の方向性はバッチリつかめたでしょうか?それとも、うーん🤔、困った、よく分からないという状況でしょうか?

 

良き出会いでスタートするためにも、準備と考え方が大切です。

 

引き継ぎの延長としてお読みください^_^

 

 

『発達の全体性と障害特性』

 

ある程度の引継ぎ情報を得たら、次にしたいことが、

 

自分なりにどのようなお子さんなのか、全体的なイメージを浮かべてみることです。

 

イメージをもつための一つの手かがりとなるのが、障害特性を知ることです。

 

当たり前すぎることですが、もし診断名があるようでしたら、その障害特性をGoogle先生でもよいので調べてください。 

  

基本中の基本ですが、これすらされていない支援者がいらっしゃるようです。 

 

 

支援者となっている方は、保護者からすれば専門家となります。

  

その専門家が、障害特性を知らないとしたら、どうでしょうか?

みなさんが、内科にかかり

 

「風邪をひいたみたいなんですが」

 

と言ったところ、ドクターが

 

「風邪ってなんですか?初めて聞きました。」

 

と言っているのと等しいくらいのお話になります。

 

 

さらに、風邪という名前は知っていたとしても、その症状や診断のポイント、処方する薬を知らないとしたらどうでしょうか?

 

 

そのようなお医者さんにかかりたいはずがありません。

 

 

もし、これが特別支援学校の教員であれば、

 

 

口が悪い言い方になりますが、

 

 

「特別支援っぽい学校」になってしまいます。

 

 

ここまでなぜ言うのか? 

 

 

例えば脳性まひの、痙直型とアテトーゼ型では、同じ脳性まひという診断であっても、支援のポイントがまるっきり反対になるからです。 

 

痙直型は、筋緊張が常に高く、関節の可動域をいかに広げて維持するかというのが、筋肉や腱の短縮、拘縮予防として大切になります。

 

それに対して、アテトーゼ型では、筋緊張が入りすぎるか、抜きすぎるかという、0か、100かの筋緊張の入り方になるので、中間位で動かせるように、動き過ぎないように支援するのがコツになったりします。

 

フルレンジに動かすことを目標にする痙直型に対して、動かし過ぎないように、可動域を制限してあげることが大切なアテトーゼ型となります。

 

このように、同じ脳性まひといった診断があっても支援目標は真逆になることがあります。

 

だからこそ、まず障害特性をGoogle先生でもよいのでよく調べて、発達の全体性をつかむことからはじめてください。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【2018年度 宇佐川研 情報】

★6月23日(土)『愛知 宇佐川研』

※宇佐川研スーパーバイザーの川上康則先生の講義&ケーススタディ

★6月30日(土)7月1日(日)『宇佐川研 神戸2Days』

場所:神戸市教育会館

1日目:9時半~17時(18時から懇親会。希望制)

2日目:9時半~16時半

※宇佐川研会長の木村順、宇佐川研代表 植竹安彦、宇佐川研スーパーバイザーの川上康則が関西で初めて3人そろっての研究会

 

★7月15日(日)『☆九州初開催☆鹿児島 宇佐川研』

鹿児島より熱いオファーを受け、開催いたします。開催は鹿屋市の鹿屋リナシティ です。

 

※申し込みページは順次ご案内しますので、今は手帳にチェックをお願いいたします。

 

宇佐川研LINE@に登録すると、今なら、木村順OTによる「実践力アップ講座」3時間の動画をプレゼント中です。

宇佐川研LINE@ご登録はこちらから^_^

line.me/R/ti/p/%40okc9106q

宇佐川研ブログはこちらから

usagawaken.com/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理者プロフィール

研究会の代表をしています、臨床発達心理士の植竹です。

宇佐川研(発達障害臨床研究会)は、平成2年より始まり、淑徳大学の故・宇佐川浩教授をスーパーバイザーとしてお招きして始まりました。「感覚と運動の高次化理論」を基に、臨床にこだわって行っている研究会です。

実践研(発達療育実践研究会)は、平成18年より始まり、療育塾ドリームタイムの木村順OTをスーパーバイザーとして始まりました。発達支援を行う際に必要な様々な発達理論を学び、実践を支える知識と技術を高める研究会です。

その、宇佐川研に14年、実践研に12年間学ぶ中で、第28期(平成29年度)より木村会長より代表を引き継ぎました。

ページ上部へ戻る