『第2回 岡山 宇佐川研 開催のお知らせ』

『第2回 岡山 宇佐川研 開催のお知らせ』

豪雨により被災されました方々には、心よりお見舞い申し上げます。

まだ、街の回復が厳しい地域があることを承知しておりますが、子どもたちの育つ時間は貴重ですので、岡山県での開催に踏み切らせていただきました。

日時:8月19日(日)10:00~16:45
会場:早島町町民総合会館 ゆるびの舎

「お申込みはこちらから」
www.kokuchpro.com/event/usaken_okayama2/

昨年11月の岡山宇佐川研では、ケーススタディのみを行いましたが、

今回は、「子どもたちを読み取るための眼」を養う、まさに、感覚と運動の高次化理論の基礎からお伝えしていきます。

発達につまずきのある子を読み取るためには、読み取るための視点を備えていないと、必要な情報はほぼ得られません。

また、発達の全体性、意味性をつなぐということをしていけないと、思い込みの指導や当たりはずれのような指導になりがちです。

また、基礎感覚の理解に基づく実践をすることで、生き辛さを軽減し、育ちやすさを促していけます。

そのための要「触覚」の理解と、触覚防衛(聴覚防衛)の改善について、脳機能のメカニズムから丁寧に、そして実感を伴いながら学んでいただきます。

特に、基礎感覚は24時間365日使っている感覚にも関わらず、意識することが難しい感覚だと言えます。意識でき辛いものは、子どもたちのつまずきも読み取りにくいと言えます。

また、発達の原理原則を抑えておかないと、特に触覚防衛の改善については、間違った実践を行いがちです。ぜひとも、メカニズムを理解した実践を行い、防衛反応を改善できる実践家になっていただきたく思います。

また、触覚は露出した脳という言われるように、触覚が使えるか使えないかで、子どもたちが外界から得られる学びの量は数十倍は違います。
また、落ち着いた行動を生み出したり、相手と共感したりするためにも触覚の果たす役割は大きなものがあります。

発達支援をするなら、基礎感覚の理解は基礎の基礎ですので、ぜひともこの機会を生かしてください。

後半のケーススタディでは、低緊張のお子さんの改善への道筋を示す内容をお伝えいたします。

昨今、低緊張からくる発達の遅れや、学ばずじまいの発達が多く見られます。

Amazonの倒れやすい乳児の頭の後ろにつける枕が売れる理由がわかりますでしょうか?そして、その後の発育がどのように辿るかを予測していただきたく思います。

この仕組を全て解説していきますので、ぜひ会場へ足をお運びください。

懇親会も開催いたします。個別のご相談なども受けますので、ぜひ実践のコツであったり、子育ての心配事など聞けば済むこともたくさんありますのでご活用ください。

「岡山宇佐川研 お申込みはこちらから」
www.kokuchpro.com/event/usaken_okayama2/

※必ず、コクチーズからのメールが受信できるアドレスでお申し込みください。携帯会社のメールはドメイン指定をしないとほぼはじかれるようですので、Gmailなどでご登録ください。

また、申込み後のキャンセルは、資料とお席をご用意している関係上、必ずキャンセル処理並びに事務局へご連絡ください。連絡無き結石は今後の研究会へのご参加をお断りしておりますので、予めご了承ください。

岡山宇佐川研では、参加者限定の動画プレゼントをいたします。受け取りには、宇佐川研LINE@への登録が必要ですので、こちらよりご登録ください。

宇佐川研LINE@

line.me/R/ti/p/%40okc9106q

「岡山宇佐川研 お申込みはこちらから」
www.kokuchpro.com/event/usaken_okayama2/

宇佐川研
植竹

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

※お問い合わせは、usagawaken@gmail.comもしくは、

宇佐川研LINE@

line.me/R/ti/p/%40okc9106q

まで。今なら、LINE@ご登録で、木村順先生の実践力アップ講座2時間半の動画をプレゼント中!

「高知宇佐川研のお申込みはこちらから↓」
www.kokuchpro.com/event/kouchi_usaken1/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理者プロフィール

研究会の代表をしています、臨床発達心理士の植竹です。

宇佐川研(発達障害臨床研究会)は、平成2年より始まり、淑徳大学の故・宇佐川浩教授をスーパーバイザーとしてお招きして始まりました。「感覚と運動の高次化理論」を基に、臨床にこだわって行っている研究会です。

実践研(発達療育実践研究会)は、平成18年より始まり、療育塾ドリームタイムの木村順OTをスーパーバイザーとして始まりました。発達支援を行う際に必要な様々な発達理論を学び、実践を支える知識と技術を高める研究会です。

その、宇佐川研に14年、実践研に12年間学ぶ中で、第28期(平成29年度)より木村会長より代表を引き継ぎました。

ページ上部へ戻る