『第2回 愛知 宇佐川研 開催のお知らせ』

『第2回 愛知 宇佐川研 開催のお知らせ』

愛知も、前回ご参加いただいた方々より、熱いオファーをいただきましたので、開催の運びとなりました(愛知も頑張って定期開催いたします)。


内容は、11月の兵庫と前半は同じ内容を予定しております。ケース検討は地元の先生からのケースを予定しております。

詳しい開催案内は、後日、申し込みページを作成しますので、その際にご確認ください。

【開催日時】
12月9日(土)10:30〜16:30
場所:春日井市、NPO法人あっとわん(前回と同じ会場です)

【内容】
前半:①本質について
②平衡感覚の理解と活用
後半:③ケース検討

ケース検討は、個人情報の保護を最優先いたします。
今後、宇佐川研倫理規定を示します。倫理規定にご了承いただけた方のみがケース検討に参加できるようにいたします。

※ケース検討のケースを募集いたします。
ケースに出せますのは、当事者、保護者、職場の了承を得られる場合となります。

ご相談お問い合わせは、usagawaken@gmail.comまたは、宇佐川研LINE@までお願いいたします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

最新情報はLINE@でお伝えします。
ぜひ宇佐川研LINE@にご登録ください。
こちらから→line.me/R/ti/p/%40okc9106q

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理者プロフィール

研究会の代表をしています、臨床発達心理士の植竹です。

宇佐川研(発達障害臨床研究会)は、平成2年より始まり、淑徳大学の故・宇佐川浩教授をスーパーバイザーとしてお招きして始まりました。「感覚と運動の高次化理論」を基に、臨床にこだわって行っている研究会です。

実践研(発達療育実践研究会)は、平成18年より始まり、療育塾ドリームタイムの木村順OTをスーパーバイザーとして始まりました。発達支援を行う際に必要な様々な発達理論を学び、実践を支える知識と技術を高める研究会です。

その、宇佐川研に14年、実践研に12年間学ぶ中で、第28期(平成29年度)より木村会長より代表を引き継ぎました。

ページ上部へ戻る