【東京 発達療育実践研究会3月度 開催案内】

【東京 発達療育実践研究会3月度 開催案内】※会場が変更になりました。

 
今年度最後の実践研のお知らせです。
 
今年度最後は、本研究会のスーパーバイザーでもあり、数々の発達支援雑誌で連載をお持ちの、
川上康則先生を講師に迎えて行います。
 

テーマ

『対話を通して考える 発達につまずきのある子どもの輝かせ方』

 
参加者どうしの対話も踏まえながら、楽しく学べる時間にしてまいります。
 
 対象は、子どもたちの育ちに関わる方なら、どなたでもかまいません。
 
 通常学級~通級・特別支援学級・特別支援学校、児童デイサービスや、家族として関わる方まで、幅広くヒットする内容構成になっています。
 
 自信をもって指導・支援に臨むための子供理解、アセスメント力、関わり方を学べるチャンスです。
 
講師:川上康則先生
 
日時:2018年3月25日(日)9:30~17:00(休憩1時間含む)
 
会場:東京労働会館・ラパスホール
 
〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-33-10
 
地図 http://www.ne.jp/asahi/kyokasho/net21/gyojimap_rapasuhoru.htm
 
『アクセス』
 
JR山手線 大塚駅(南口)、都電荒川線 大塚駅 徒歩5分
 
地下鉄丸ノ内線 新大塚駅 徒歩7分
 
会費:3000円(会場にてお支払いください)
 
「お申込みURL」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理者プロフィール

研究会の代表をしています、臨床発達心理士の植竹です。

宇佐川研(発達障害臨床研究会)は、平成2年より始まり、淑徳大学の故・宇佐川浩教授をスーパーバイザーとしてお招きして始まりました。「感覚と運動の高次化理論」を基に、臨床にこだわって行っている研究会です。

実践研(発達療育実践研究会)は、平成18年より始まり、療育塾ドリームタイムの木村順OTをスーパーバイザーとして始まりました。発達支援を行う際に必要な様々な発達理論を学び、実践を支える知識と技術を高める研究会です。

その、宇佐川研に14年、実践研に12年間学ぶ中で、第28期(平成29年度)より木村会長より代表を引き継ぎました。

ページ上部へ戻る