【東京 宇佐川研(発達障害臨床研究会)2月度 開催案内】

【東京 宇佐川研(発達障害臨床研究会)2月度 開催案内】

今年度、第9回目の東京 宇佐川研のお知らせです。

今回は、先月行いましたケースは、時間の関係もあり整理できずに終わってしまいましたので、ケーススタディの振り返りと整理を行います。

1月は3歳のお子さんのケースでした。前回は感覚運動面に注目していましたが、認知面の賢さと、身体を使いきれていないところへの考察まででませんでしたので、この辺りを掘り下げていきます。


お母さんの懸命な取り組みで、1月からも改善が進んでいますが、まだ、お母さんのお悩みに応えきれていませんので、どのような支援が必要なのかをケーススタディしてまいります。

先月に引き続き、岡山県にお住まいのお子さんのケースをお母様限定LIVE会議を行い、東京でケース検討いたします。

※今回も個人情報保護の観点から、主催者側以外の撮影や録音は一切ご遠慮願います。

※東京開催へご参加の方は、usagawaken@gmail.comまでお名前を添えてお申込みください。

※会場には、18:30から入室いただきますように、よろしくお願いいたします。

<内容>

「発達を読み取る眼、つなぐ眼からの支援②」

※ご参加の際は参加ボタンを押してください。

============

日時:2018年2月9日(金)

18:45~21:00

会場:〒125-0061

葛飾区亀有5-34-10ドエル亀有201

www.solarsse.com/

■内容:「発達を読み取る眼、つなぐ眼からの支援②」

■発表者:植竹

スーパーバイザー

(1)川上先生(矢口特支校)

(2)植竹(城北特支校)

(3)岩崎先生(八王子東特支校)

(4)加来先生(土浦特支校)

(5)早川先生(市川市曽谷小)

(6)木村(本会会長)

============

◆半 期:5千円

※ 学生は無料

◆単発参加

=ゲスト会員:2千円

============

■ 今年度の予定です。

※今回

2月9日:植竹

3月9日:講演会(木村先生)

============

研究会会長:木村 順

E-mail <kimura@dreamtime.jp>

<dreamtime@wm.pdx.ne.jp>

研究会代表:植竹安彦

E-mail <usagawaken@gmail.com>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理者プロフィール

研究会の代表をしています、臨床発達心理士の植竹です。

宇佐川研(発達障害臨床研究会)は、平成2年より始まり、淑徳大学の故・宇佐川浩教授をスーパーバイザーとしてお招きして始まりました。「感覚と運動の高次化理論」を基に、臨床にこだわって行っている研究会です。

実践研(発達療育実践研究会)は、平成18年より始まり、療育塾ドリームタイムの木村順OTをスーパーバイザーとして始まりました。発達支援を行う際に必要な様々な発達理論を学び、実践を支える知識と技術を高める研究会です。

その、宇佐川研に14年、実践研に12年間学ぶ中で、第28期(平成29年度)より木村会長より代表を引き継ぎました。

ページ上部へ戻る