【東京 宇佐川研1月度 開催案内】

【東京 宇佐川研1月度 開催案内】

新年、第一回目の研究会の開催です。


お申込みはこちらからしてください。参加ボタンでは正式な参加にはなりません。

「お申込みURL」
www.kokuchpro.com/event/tokyo_usaken_201901/

今年も学びを深める一年となりますようによろしくお願いいたします。

今月もお母さんからのケース報告となります。

我が子が思春期を迎えるにあたり、いかにして乗り越えていけばよいのか?


また、母としてどのような関わり方をしていったらよいのか悩まれてのケーススタディとなります。


テーマ「思春期を乗り越えるために」

日時:1月11日(金)18:45~21:00
会場:都内(会場への連絡はしないでください)
人数:32名 

※詳細は下記のURLより開催詳細にてご確認ください。 

「お申込みURL」
www.kokuchpro.com/event/tokyo_usaken_201901/


来るもの拒まず、去る者追わずの研究会です。本気で発達支援をしていきたい方はぜひお申込みください。

「注意事項」
会場での撮影及び、録音等は一切ご遠慮いただいております。

会場内の個人情報等の管理は宇佐川研倫理規定に則ります。

宇佐川研事務局

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理者プロフィール

研究会の代表をしています、臨床発達心理士の植竹です。

宇佐川研(発達障害臨床研究会)は、平成2年より始まり、淑徳大学の故・宇佐川浩教授をスーパーバイザーとしてお招きして始まりました。「感覚と運動の高次化理論」を基に、臨床にこだわって行っている研究会です。

実践研(発達療育実践研究会)は、平成18年より始まり、療育塾ドリームタイムの木村順OTをスーパーバイザーとして始まりました。発達支援を行う際に必要な様々な発達理論を学び、実践を支える知識と技術を高める研究会です。

その、宇佐川研に14年、実践研に12年間学ぶ中で、第28期(平成29年度)より木村会長より代表を引き継ぎました。

ページ上部へ戻る