実践研 9月度

発達療育実践研究会
9月例会のお知らせ

■皆様方へ
2017年度第4回目の実践研になります。

「実践塾講座」の主旨は「子ども達から学んできた
実践を自分の言葉で語る」です。

今年度は
「エキスパートから学ぶ実践のカンどころ」
として、各分野で高い技術で実践されている先生方
を講師にお招きして学んでいきます。

 

今月は木村先生のご友人でもある、
臨床心理士の「若林千種」先生をお迎えし、

テーマは
「発達につまずきのある子ども達の理解と対応」
~発達臨床の立場からの実践家へのメッセージ~

 

として、御講義いただきます。

●若林千種先生の紹介
長年「大田区子ども発達センターわかばの家」にて
心理として勤務。退職後、非常勤で巡回相談
(保育園・幼稚園・児童館)や学校教育カウンセラー、
特別支援学校の外聞専門家として活躍中。
プレインジムをはじめ、関連領域のインストラクター
の資格も持つ敏腕&スゴ技(腕)臨床心理士の第一人者です。

著書に「気になる子の保育がうまくいく方法 (ひかりのくに)」
amzn.to/2w2b1WB

があり、その他「あそびと環境0・1・2歳(学研)」にも記事を連載中。

※多数の方のご参加を想定しております。
今回は会場の都合上定員30名までとさせて
いただきます。

※ご参加の際は、フェイスブックの
「宇佐川研」よりイベント参加ボタンを
押してください。
フェイスブックをされていない方は、
usagawaken@gmail.com
までご連絡ください。

※申し込み締め切り
9月22日(金)21:00

※定員を超えた場合はその旨をご連絡いたします。
※研究会の資料を断りなく使用されることを禁止
しております。同意していただけない方のご参加
はお断りさせていただきます。

「来る者拒まず・去る者追わず」の研究会です。
ふるってご参加下さい。
============
日時:2017年9月24日(日)
9時30分~17時00分
会場:亀有ソラアル
=JR常磐線(メトロ千代田線)「亀有」駅
下車して徒歩約5分
※場所が分からない方は、
下記をご参照下さい
www.solarsse.com/
■内容:
「発達につまずきのある子ども達の理解と対応」
~発達臨床の立場からの実践家へのメッセージ~
講師:若林千種先生
■会費:半日1500円
全日3000円
※年度途中に会費の見直しを行う場合がございます。
============
●今後の予定
※今回です
9月24日(日)
「発達につまずきのある子ども達の理解と対応」
10月22日(日)
11月26日(日)
12月17日(日)
1月28日(日)
2月25日(日)
3月25日(日)
============
★2017-9-18(月)
研究会代表:木村 順

連絡担当:植竹安彦
E-mail(PC) usagawaken@gmail.com

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理者プロフィール

研究会の代表をしています、臨床発達心理士の植竹です。

宇佐川研(発達障害臨床研究会)は、平成2年より始まり、淑徳大学の故・宇佐川浩教授をスーパーバイザーとしてお招きして始まりました。「感覚と運動の高次化理論」を基に、臨床にこだわって行っている研究会です。

実践研(発達療育実践研究会)は、平成18年より始まり、療育塾ドリームタイムの木村順OTをスーパーバイザーとして始まりました。発達支援を行う際に必要な様々な発達理論を学び、実践を支える知識と技術を高める研究会です。

その、宇佐川研に14年、実践研に12年間学ぶ中で、第28期(平成29年度)より木村会長より代表を引き継ぎました。

ページ上部へ戻る