東京 実践研1月度 開催のご案内

【東京 実践研1月度 開催のご案内】

1月の実践研は、子どもと日々関わる中での「気になる行動」から学んでいきます。

※ご参加には、下記のリンクよりお申込みが必要です。参加ボタンだけでは正式な参加になりませんのでご注意ください。

「お申し込みはこちらから」
www.kokuchpro.com/event/jissen_201901/

「気になる行動」は、あくまで目に見える氷山の一角であり、その背景や原因について知ることが、子どもの理解への第一歩となります。

基礎的な感覚の理解を通して、子どもたちが日々示す?に対して、運動の視点をとりいれつつ「!」を目指します。

日時:1月27日(日) 9:30~16:45
場所:URLよりご確認ください
講師:綿引清勝(都立特別支援学校 主幹教諭)

講師である綿引清勝先生の、知的特別支援学校小学部・中学部・高等部の現場での具体的な実践をご紹介いただきながら、支援の組み立て方を考えていきます。

目の前の子どもたちの見方が、「気になる子」から「人一倍頑張っている子」へと変わるエッセンスが盛りだくさんの内容となっていますので、是非自分の担当している子どもの姿を思い浮かべながら理解を深めていってください。

「お申し込みはこちらから」
www.kokuchpro.com/event/jissen_201901/

実践研事務局

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

発達に関わる情報を宇佐川研LINE@で発信してます。
宇佐川研LINE@への登録がまだの方はこちらよりご登録ください。

『宇佐川研LINE@ご登録↓』

line.me/R/ti/p/%40okc9106q

ご登録で、木村順の「実践力アップ講座」2時間半の動画をプレゼント中🎁🤗

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理者プロフィール

研究会の代表をしています、臨床発達心理士の植竹です。

宇佐川研(発達障害臨床研究会)は、平成2年より始まり、淑徳大学の故・宇佐川浩教授をスーパーバイザーとしてお招きして始まりました。「感覚と運動の高次化理論」を基に、臨床にこだわって行っている研究会です。

実践研(発達療育実践研究会)は、平成18年より始まり、療育塾ドリームタイムの木村順OTをスーパーバイザーとして始まりました。発達支援を行う際に必要な様々な発達理論を学び、実践を支える知識と技術を高める研究会です。

その、宇佐川研に14年、実践研に12年間学ぶ中で、第28期(平成29年度)より木村会長より代表を引き継ぎました。

ページ上部へ戻る