東京 宇佐川研 3月度

【東京 宇佐川研 3月度 開催のお知らせ】

東京宇佐川研の今年度最後、第10回目の研究会のお知らせです。

今回は、今年度の締めくくりの研究会として会長の木村順より、

●「“感覚と運動の高次化理論”を深める“感覚統合理論”」

として行っていきます。

「内容」
●「感覚と運動の高次化理論(通称:宇佐川理論)」は心理学をベースに、かたや「感覚統合理論」は各種の発達理論を取り入れながらも脳科学(医学的知見)をベースに構築されてきました。

しかし、目の前の子どもの発達のつまずきを読み解こうとしたとき、両者には驚くほどの相互関係が見出だせます。

実際、本研究会が基本にしている事例検討会(ケーススタディー)でもこの30年来、感覚統合の知見を抜きに語れないケースが大半を占めています。

「感覚統合理論」そのものの学習は別のところでしていただくとして、今回は「感覚と運動の高次化理論を、より実戦的に活用するため知見としての感覚統合」を学んでいきたいと思います。

なお、感覚と運動の高次化理論の全部は解らずとも、「4層ー8水準」の区分程度は予習してご参加いただければと存じます。

※東京開催参加される際は宇佐川研LINE@よりお申し込みください。

宇佐川研LINE@ご登録
line.me/R/ti/p/%40okc9106q

 

※会場には、18:30から入室いただきますように、よろしくお願いいたします。
============
日時:2018年3月9日(金)
18:45~21:00
会場:〒125-0061
葛飾区亀有5-34-10ドエル亀有201
www.solarsse.com/
■内容:「“感覚と運動の高次化理論”を深める“感覚統合理論”」
■発表者:木村順
スーパーバイザー
(1)川上先生(矢口特支校)
(2)植竹(城北特支校)
(3)岩崎先生(八王子東特支校)
(4)加来先生(土浦特支校)
(5)早川先生(市川市曽谷小)
(6)木村(本会会長)
============
※ 学生は無料
◆単発参加
=ゲスト会員:2千円
============
■ 今年度の予定です。
※今回
3月9日:講演会(木村先生)
============
研究会会長:木村 順
E-mail <kimura@dreamtime.jp>
<dreamtime@wm.pdx.ne.jp>
研究会代表:植竹安彦
E-mail <usagawaken@gmail.com>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理者プロフィール

研究会の代表をしています、臨床発達心理士の植竹です。

宇佐川研(発達障害臨床研究会)は、平成2年より始まり、淑徳大学の故・宇佐川浩教授をスーパーバイザーとしてお招きして始まりました。「感覚と運動の高次化理論」を基に、臨床にこだわって行っている研究会です。

実践研(発達療育実践研究会)は、平成18年より始まり、療育塾ドリームタイムの木村順OTをスーパーバイザーとして始まりました。発達支援を行う際に必要な様々な発達理論を学び、実践を支える知識と技術を高める研究会です。

その、宇佐川研に14年、実践研に12年間学ぶ中で、第28期(平成29年度)より木村会長より代表を引き継ぎました。

ページ上部へ戻る