第3回 岡山宇佐川研 開催のお知らせ

【第3回 岡山宇佐川研 開催のお知らせ】
 岡山市・倉敷市・早島町教育委員会後援
 

第3回目となる岡山 宇佐川研です。
   
 
日時:4月28日(日)10:00~16:45
場所:きらめきプラザ
講師:植竹安彦(臨床発達心理士)宇佐川研代表、宇佐川研スーパーバイザー
 
 
「お申込みはこちらから↓↓↓」
www.kokuchpro.com/event/usaken_okayama3/


第3回となる岡山宇佐川研では、基礎感覚の復習を行いつつ、身体の運転のアクセルとブレーキを司る「固有覚」について実感を伴うワークを取り入れながら学びを深めます。


また、姿勢発達のメカニズムについて、理論と実技を交えて自らの姿勢の変化を体感しながら学んでいただきます。


後半は宇佐川研の醍醐味、ケーススタディを通して学んだ知識を臨床へ生かす視点を養っていきます。


この3回目の内容は、支援者として必要な身体の使い方や、発達のつまずきが起こる仕組みについて基礎感覚の総復習を兼ねて理解を深めていただきます。

 
「お申込みはこちらから↓↓↓」
www.kokuchpro.com/event/usaken_okayama3/


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

宇佐川研LINE@登録はこちら↓
line.me/R/ti/p/%40okc9106q

ご登録で、木村順による「実践力アップ講座」3時間の動画をプレゼント中!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理者プロフィール

研究会の代表をしています、臨床発達心理士の植竹です。

宇佐川研(発達障害臨床研究会)は、平成2年より始まり、淑徳大学の故・宇佐川浩教授をスーパーバイザーとしてお招きして始まりました。「感覚と運動の高次化理論」を基に、臨床にこだわって行っている研究会です。

実践研(発達療育実践研究会)は、平成18年より始まり、療育塾ドリームタイムの木村順OTをスーパーバイザーとして始まりました。発達支援を行う際に必要な様々な発達理論を学び、実践を支える知識と技術を高める研究会です。

その、宇佐川研に14年、実践研に12年間学ぶ中で、第28期(平成29年度)より木村会長より代表を引き継ぎました。

ページ上部へ戻る