漢字の宿題で見えたつまずきへのアプローチ

はじめまして

高菜があればご飯2杯ペロリいける10歳男児のママ 田中ピラフです。
 
今日は、そんな私が 高菜より大好きな100円ショップで、簡単にそしてちょっとこだわって作ってみた「ジオボード」を紹介したいと思います。

いらすとやにあった おにぎりのキャラクター「高菜」ちゃん



「ジオボード」とは?

療育などで使われることも多い「ジオボード」
公文の「わごむパターンボード」、最近ではダイソーでも「ジオボード」が発売になり話題になりましたね。

ジオボードは、パズルが苦手、文字が覚えられない、文字が枠からはみ出る、ボールがキャッチできないなど、「見る力(視知覚・視機能)」が弱い子に効果があると言われています。

先週の息子の宿題。これを見て、ジオボードを作ってみようと思いました。

 

なぜ 自作?

今、簡単に手に入るジオボード。なぜ わざわざ自作したか?
失敗すると途端にヤル気のなくなる息子に、「ゴムをピンにひっかける段階で失敗させたくない!」と思ったからです。
 
息子は、パワーピンチ(親指・人差し指・中指でつまむ動作)がまだ弱く、手先が不器用なので、市販のピン先がまっすぐだったり、出っ張りが小さいと、ピンにうまくゴムをかけられず「やーめた!」となるのが想像できました。
 
そこで、ゴムがひっかかりやすく、はずれにくいピン先のジオボードを作ってみようと思いました。


100均パトロール

ダイソー、セリアなど、100均のお店をハシゴして、ダイソーで揃えました。
 
【材 料】
・デザインボード(表:木目 裏:ホワイト) 1枚
・ボタンフック 6P(デザインボード専用)  3袋
・ジュニアヘアゴム 8本セット(直径4cm 太さ3mm) 2セット
・ジュニアヘアゴム10本セット(直径3cm 太さ2mm) 1セット
 
ちなみに、ダイソーのヘアゴムは少しかため。
私はデザインボードの穴をひとつ飛ばして作りましたが、
ヘアゴム 太さ2mmで、1×2の小さい三角形
ヘアゴム 太さ3mmで、2×2の小さい正方形が
少し余裕をもってできる位の伸びでした。
 
今回、つまみやすく、はっきりした色合いにしたかったのでヘアゴムにしましたが、今100均では、モノクロ・パステル系・アニマル型など面白い輪ゴムがたくさんあります。子どもさんが好きな色合いをそろえたり、おうちや風車などの図形パターンのときは好きな色を選んで作れるようにすると、さらに興味を引くオリジナルジオボードが出来上がると思います。
(家にあったセリアのカラー輪ゴムだと、3×5の長方形が作れました!)

また、ボタンフックはネジで固定するものなので、慣れてきたらピン増やしたり間隔をせまくして複雑な形が作れるようにしたり、ピン先がストレートのものに変えてみようと思っています。

材料費は合計 770円! 安い!(写真以外に、ボタンフック 2セット、ヘアゴム 1セット購入)

 

いかがでしたか?

まずは、気分転換に100均をプラプラパトロール♪
子どもさんが楽しく、無理なく、そしてちょっと身体機能にもアプローチできそうな玩具を考えてみませんか?

できあがり!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理者プロフィール

研究会の代表をしています、臨床発達心理士の植竹です。

宇佐川研(発達障害臨床研究会)は、平成2年より始まり、淑徳大学の故・宇佐川浩教授をスーパーバイザーとしてお招きして始まりました。「感覚と運動の高次化理論」を基に、臨床にこだわって行っている研究会です。

実践研(発達療育実践研究会)は、平成18年より始まり、療育塾ドリームタイムの木村順OTをスーパーバイザーとして始まりました。発達支援を行う際に必要な様々な発達理論を学び、実践を支える知識と技術を高める研究会です。

その、宇佐川研に14年、実践研に12年間学ぶ中で、第28期(平成29年度)より木村会長より代表を引き継ぎました。

ページ上部へ戻る