『基礎感覚』の世界から見た発達障害の理解

『基礎感覚』の世界から見た発達障害の理解

~”実践力”を支える基礎知識 & ”実践力”を広げる基礎知識~

~目次~

第1章:基礎感覚(=初期感覚)の世界

第2章:発達障害(=●●●のつまずき)の理解(編集中)

第3章:「●●●のつまずき」と「基礎感覚」(編集中)

 

第1章:基礎感覚(=初期感覚)の世界

Ⅰ 最重要テーマ:

 参考:(発達障害臨床研究会編:発達支援実践塾(学苑社)  https://amzn.to/2ITTuGp

★基礎感覚(初期感覚)へのアプローチが、

A)初期学習(言葉や文字・数の学習のはるか以前)の土台をなし、

B)高次感覚(視知覚や聴知覚)ベースの認知を育て

C)適応力(その時・その場・その状況に合わせる力)の基礎(≒感覚統合)を作る

 

★基礎感覚★

↓↓

↓主として「感覚と運動の高次化理論(宇佐川浩教授の理論)」の体系

↓           ↓

↓    ●視覚(見て覚え、考え、判断)

↓    ●聴覚(聞いて覚え、考え、判断)

主として「感覚統合理論」の体系

●周りの人たちと共感的に関わる(対人関係・社会性)

●適切なコミュニケーションを取ることが出来る

●その場の状況に合わせて行動することが出来る

注意の集中・持続が出来る

上手に手足・からだを動かすことが出来る

 

Ⅱ そもそも「基礎感覚」ってなんだ?・・・・・・・

1. 押さえるべきは3種類

 ①触覚

 ②固有覚

 ③前庭覚(平衡感覚)

 

2. 「基礎感覚」を学んでいくためには・・・・・・

 「脳・神経系」と「感覚器」の仕組み(解剖学)とはたらき(生理学)を知っておくとよい

   =「教育・福祉」の体系とは基礎学問を異にする(異質的な)分野

1)たとえ、”肢体”不自由の子どもたちだったとしても、「運動」のみならず「感覚」も重要

2)「運動」「感覚」は、どの様に関係している?

キーワード:「脳」=Output(運動出力)だけでなく、Input(感覚入力)の交通整理を担う器官

 

3. 学習法:「自分の身体で”実感”しながら」でしか学べない

  =何故ならほとんど無意識に使っている感覚がモノをいうからです!

 

4. 習得効果:対象児(生徒・担当児)理解(実態把握やアセスメント)の一助

   &保育・教育・療育の実践アイディアの拡大

 

5. 意識して使える「高次感覚(視覚・聴覚など)」には3つの条件(特徴)があります

1)どこで感じてるか(受容器)が、すぐに分かる(自覚できる)

2)いつ使っている(作動のON-OFF)が、すぐに分かる(自覚できる)

3)どのように使っているか(はたらき)が、すぐに分かる(自覚できる)

 

Ⅲ 「基礎感覚」を重視している分野の一つが「感覚統合」

 

1. 「感覚統合」は、脳の中での感覚情報を「交通整理」していく機能

1)エアーズ(Anna.Jean.Ayers/1923-1988:アメリカの作業療法士)が構築した、

発達につまずきのある子ども達のためのリハビリテーション技法の体系

2)もともとの対象は、学習障害児(Learnning Disability)

3)学習障害の症状を「脳(中枢神経系)の発達の歪み・偏り」としてとらえる

4)「統合(Integration)」という考え方

=2つ、または、ぞれ以上の機能、あるいは過程が、脳の反応の適応性を増強する

(エアーズ著/鎌倉訳:「感覚統合と学習障害、P33.協同医書)より

5)「感覚統合」を、木村流に言い換えると、

    脳の中に流れ込んでくる様々な感覚情報を「交通整理」する脳のはたらき

 

6)「感覚統合」の産物 → 「適応反応」

「適応反応」の統合 → 「適応力」・・・「その時・その場・その状況」にあわせる力

(適応力という表現は一般的ではなく、木村順の用語です)

 

3. 「脳」が発達するって?

1)適切なネットワーク=配線回路(軸索+樹状突起)を作り上げること

2)それぞれの回路のスイッチ(シナップス)が順調にはたらき始めること

4. 「脳」が発達するためには、二つの栄養が必要

1)「物質」としての栄養

①酸素              :呼吸によって摂取

②ブドウ糖、各種のアミノ酸  等々:飲食物から摂取

2)その脳の状態に見合った「適切な感覚情報(感覚刺激)」が絶対的に必要

 

5. さらに、”基礎感覚”を重視している「感覚統合」は誤解されやすい!

  1)「理論」そのものが難解だから、   ~もともと「脳」の話は難しい

  2)普段、無意識に使っている「感覚」について理解することが最も重要であるにもかかわらず、言葉の上だけの表層的な理解に留まりやすい。

    だから、 ~「実感」しながら理解することが困難

  3)その上、実践活動が、「運動(=出力系)遊び」に見えやすい

  4)だから、理論と臨床像(=発達像や症状)とが、つながりにくい

 

6. 「感覚統合」と「保育・教育」の関係を花を咲かせることでたとえると・・・・・・・

 

第2章:発達障害(=●●●のつまずき)の理解

 

以降、編集次第更新します。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理者プロフィール

研究会の代表をしています、臨床発達心理士の植竹です。

宇佐川研(発達障害臨床研究会)は、平成2年より始まり、淑徳大学の故・宇佐川浩教授をスーパーバイザーとしてお招きして始まりました。「感覚と運動の高次化理論」を基に、臨床にこだわって行っている研究会です。

実践研(発達療育実践研究会)は、平成18年より始まり、療育塾ドリームタイムの木村順OTをスーパーバイザーとして始まりました。発達支援を行う際に必要な様々な発達理論を学び、実践を支える知識と技術を高める研究会です。

その、宇佐川研に14年、実践研に12年間学ぶ中で、第28期(平成29年度)より木村会長より代表を引き継ぎました。

ページ上部へ戻る