運動が好きな子どもを育てるには~気になる行動の理解と支援より~

『運動が好きな子どもを育てるには』実践研1月度より
 ~気になる行動の理解と支援より~


 
 
運動が好きな子どもを育てると聞くと、いかに運動の方法を改善するかという発想になりがちです。
 
 
もちろん、運動方法の改善や検討は必要です。
 
 
本日の講師の綿引先生は、体育の先生として大切なこととして、
 
  
「子どもたちの内面世界がどうなっているのか?」
 
 
ということをまず知る努力が支援者側に必要であることを話されました。
 
 
 
そして、そもそも運動指導には、非常に指導者側のあいまいな言語指示が多いということを事例と共に示してくださいました。
 
 
身体意識がまだまだ育ちきれていない子どもたちに対して、不明瞭な指示は身体感覚として伝わりません。
 
 
子どもたちが、今なにを求められている活動なのか、実感を伴う指導になっているのかなど、指導者側の改善すべき点を示していきました。
 
 
また、「行動」するということを、「行動が成立するメカニズム」を論理的に示し、行動するための必然性を考えることの大切さをご講義くださいました。
 
 
ほめるということが大切とされがちですが、ほめられないと行動できないのも自立した生活になりません。

 
そこで、「ほめる」と「勇気づける」ことの違い。
 
 
「勇気づけから自信を育てる」視点を示してくださいました。
 
 
 
 

また、体育の先生は、そもそも運動が得意な方が多いです。
 
 
運動が苦手なお子さんの背景を知らないまま指導をすることの危険性をお伝えされました。
 
 
その際に発達的視点は必須のものとなります。
 
 
基礎感覚(触覚、平衡感覚、固有覚)のつまずきからの行動特性。
 
 
本当はやりたい気持ちはあるのに、思い通りに表出できない気持ち。
 
 
また、自分なりに頑張って表出しているのに、受け止めてもらえなかった喪失感。

運動を好きになるために、一人一人のお子さんの理解があって、運動スキルだけではなく、自分の努力がどのくらい成果に結びついたのかを実感できる指導。
 
 
さらに、仲間に受け入れられている受容感が運動を好きにさせる視点を忘れてはいけません。
 
 
 
「アダプテッド・スポーツ」の発想から、ルールに子どもたちをはめ込むことから、子どもたちにルールや用具を合わせていくような発想をもちえる柔軟な発想も大切であることもお伝えくださいました。
 
 
 
支援者側の一方的なゴールではなく、子どもたちが描くゴールこそ大切にして欲しいとお伝えくださいました。
 
 
ついつい、指導者側の承認欲求が出てしまいがちな面が運動指導にはあります。
 
 
しかしながら、主人公は子どもたちです。
 
 

「運動を通して、子どもたち自身が楽しめることが何より大切です」
 
 
と締めくくってくださいました。
 

 
今回はライブ配信も行いました。
 
 
一人一人が自分の歩幅で楽しめる運動指導をご覧になってくださった方、参加された方が広げていってくださることを願っております。
 
 
実践研事務局
植竹

★★★本日の講義の参考図書★★★

★☆彡 オススメ 講師執筆図書 ↓↓↓ ★☆彡

これからのインクルーシブ体育・スポーツ
amzn.to/2CKp4V7

★彡 オススメ 講師執筆図書 ↑↑↑ ★☆彡

学校・家庭で楽しくできる 発達の気になる子の感覚統合あそび (発達障害を考える心をつなぐ)
amzn.to/2CLZQFX

保育者が知っておきたい 発達が気になる子の感覚統合 (Gakken保育Books)
amzn.to/2CObpwp

メリットの法則 行動分析学・実践編 (集英社新書) 
amzn.to/2FSrCVj

行動分析学入門 ―ヒトの行動の思いがけない理由 (集英社新書) 
amzn.to/2CKp2wt

広汎性発達障害児への応用行動分析(フリーオペラント法)
amzn.to/2CL0cN2

不器用さのある発達障害の子どもたち 運動スキルの支援のためのガイドブック:自閉症スペクトラム障害・注意欠陥多動性障害・発達性協調運動障害を中心に
amzn.to/2CQq1v2

特別支援教育の理論と実践[第3版]―II 指導 (S.E.N.S養成セミナー) 
amzn.to/2G7DXE6

子どもの不器用さ―その影響と発達的援助
amzn.to/2CQ45QZ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理者プロフィール

研究会の代表をしています、臨床発達心理士の植竹です。

宇佐川研(発達障害臨床研究会)は、平成2年より始まり、淑徳大学の故・宇佐川浩教授をスーパーバイザーとしてお招きして始まりました。「感覚と運動の高次化理論」を基に、臨床にこだわって行っている研究会です。

実践研(発達療育実践研究会)は、平成18年より始まり、療育塾ドリームタイムの木村順OTをスーパーバイザーとして始まりました。発達支援を行う際に必要な様々な発達理論を学び、実践を支える知識と技術を高める研究会です。

その、宇佐川研に14年、実践研に12年間学ぶ中で、第28期(平成29年度)より木村会長より代表を引き継ぎました。

ページ上部へ戻る