東京 宇佐川研(発達障害臨床研究会)5月度 開催のお知らせ

東京 宇佐川研(発達障害臨床研究会)2月度 開催のお知らせ

発達障害臨床研究会(東京 宇佐川研)5月度は、新型コロナウイルスの感染拡大予防のため、オンラインで開催いたします。

「お申込みはこちらから↓」
202005usakentokyo.peatix.com



5月度の東京宇佐川研は、

「感覚と運動の高次化理論の土台を築く平衡感覚」

を学んでいきます。


高次化理論を通して子どもたちを支援していく際に、基礎感覚と言われる「触覚・平衡感覚・固有覚」の機能がよりよく使えていることが重要になります。

高次化理論は4層8水準で構成されていますが、初期発達段階である1層において、平衡感覚の活用を通して触覚や固有覚をよりよく機能させていけます。

そして、見逃されがちである、3層や4層のような高次な段階になっても、平衡感覚がより広く活用されていく必要があります。

この意味合いを理解せずに支援を進めていくと、読み書きの学習に苦手さを示すお子さんに対して、苦手なことを苦手な手段で進めてしまいがちになります。

高次化理論をよりよく活用していくためにも、支援を通して発達の土台を確かなものに築いていくためにも今回の内容をしっかりと学んでいただきたく思います。




なかなか出口の見えない不安定な毎日の中でも、子どもたちは日々成長しています。

大人でも不安やストレスがたまりがちな環境の中、繊細な子どもたちの心に寄り添い、成長を引き出していくために、ぜひ一緒に学んでいきましょう。


オンライン会議室「Zoom(ズーム)」を使用して行いますので、自宅にいながら講義を視聴し、その場で質問したり、ディスカッションに参加することも可能です。

全国からのご参加をお待ちしております。


今回は、宇佐川研会長の木村順先生による、特別講義です。


来るもの拒まず、去る者追わずの研究会ですので、ご参加お待ちしております。


※主催者側以外の撮影や録音は一切ご遠慮願います。

※お問い合わせは、usagawaken@gmail.comもしくは、

宇佐川研LINE@
line.me/R/ti/p/%40okc9106q

まで、ご連絡ください。



<開催概要>

■日時
5月8日(金)19:00−21:00
*18:40より入室できます。初めてZoomを使う方はお早めに入室してください。

■内容
「感覚と運動の高次化理論の土台を築く平衡感覚」

■講師
作業療法士 木村順(宇佐川研会長兼SV、療育塾ドリームタイム主宰)

■参加方法
Zoomによるオンラインセミナー形式

*決済済みの参加者の方に、開催前日の夜21時に講義資料をご登録のメールに配信いたします。
 開催日当日の18時にZoom参加用のURLをメールにて配信いたします。(昨今のzoomのいたずら防止のため、直前での配信になりますことをご了承ください)
*事前にZoomアプリの取得が必要になります。(アカウント登録の必要はありません)
*顔をお出しいただき参加できる方のみお申込みください。通常の講座へ参加するのと同じように真剣に参加できる状況でご参加ください。(顔出しできない方は、申し込まれても参加をお断りいたします。)


■参加費
一般 2,000円
サロン会員 1,000円(サロンに記載の割引コードをご記入の上お申し込みください)

*カードによる事前決済のみとなります。
*オンラインサロン会員の方は、サロンページに示している割引コードをご記入の上お申し込みください。(間違えて決済された場合は一般会員としてのご参加となることをご了承ください)


■募集人数及び、募集期間

募集人数:95名
受付終了日:2020年5月7日21時まで受け付け


■注意事項
*当日はウェブカメラ、マイク、スピーカーの内蔵されたパソコン、タブレット、スマホでご参加ください。(PCを推奨します)
*有線LAN、WIFI環境、など安定的な通信環境でご参加ください。


■キャンセル・返金について
お申込み後のキャンセルにつきましてはご対応できません。
ご了承の上お申込みください。



「お申込みはこちらから↓」
202005usakentokyo.peatix.com

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

★LINEで研究会開催情報や、発達に関する情報をお伝えしています★
「宇佐川研公式LINE@のご登録はこちらから↓」
line.me/R/ti/p/%40usagawaken
今なら、木村順により実践力アップ講座や、発達障害とはなにものぞ?の動画をプレゼント中。 

☆宇佐川研Twitterフォローお願いします☆
発達に関するつぶやきを日々しております。
twitter.com/usagawaken

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


「東京 宇佐川研5月度のお申し込みはこちら」
202005usakentokyo.peatix.com

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理者プロフィール

研究会の代表をしています、臨床発達心理士の植竹です。

宇佐川研(発達障害臨床研究会)は、平成2年より始まり、淑徳大学の故・宇佐川浩教授をスーパーバイザーとしてお招きして始まりました。「感覚と運動の高次化理論」を基に、臨床にこだわって行っている研究会です。

実践研(発達療育実践研究会)は、平成18年より始まり、療育塾ドリームタイムの木村順OTをスーパーバイザーとして始まりました。発達支援を行う際に必要な様々な発達理論を学び、実践を支える知識と技術を高める研究会です。

その、宇佐川研に14年、実践研に12年間学ぶ中で、第28期(平成29年度)より木村会長より代表を引き継ぎました。

ページ上部へ戻る